キャリア問題

「仕事は最低3年は続けろ」の本当の意味【上司も理解してない】

投稿日:

入社式のニュースが流れる春。何だか思った仕事と違うかもしれないけれど「最低でも3年は続けないと仕事はわからない」と言われますよね。

でも本当の意味すら考えず、真に受けて3年を耐え忍ぶ人がいるのも事実。う~ん・・良く言えば我慢強いんですが、意味を知らないまま鵜呑みにしてる人はヤバいです。

質問者さんも何も考えられていないのではないでしょうか。

ヤフー知恵袋より

質問の要約

なぜ最低でも仕事は3年続けるのか理由がわからない

 

質問者さんはもとより多くの労働者の方がこの問題の本質を分かってないんですよね。

その証拠に「とりあえず3年続けないと」と言う人が、具体的に理由を言えないまま連呼している現状があります。

 

仮に理由を答えたとしてもピントがどうもズレている。例えば、次のような理由を聞かされて勝手に納得していませんか?

  • 3年は続けないと忍耐力が無いと思われる(精神論)
  • 仕事が身につくまでに3年必要だから(根拠のない回答)
  • 3年以内に辞めると会社に悪い(誰のための人生なのかそもそも不明)

というような、答えているようで答えになっていない回答ばかりなんですよ。これらを聞いても、僕ら若者は混乱するだけなんですね。「今ひとつ納得できないぞ」と。

そりゃそうです。「最低3年の真意」は、精神論や根拠のない回答でごまかせない理由があるんですから。上司ですら理解してないであろう意味をお教えします。

「とりあえず3年続けろ」は突き抜ける瞬間を体験しろという意味

とりあえず3年の真意は、仕事が楽しくなる瞬間を体験しろという意味なんですよ。3年というのは一つの目安として使われています。

そもそも「3年は同じ仕事をやるべきか」と悩む人は、仕事が嫌だったり辞めたいと思っていますよね。理由はいろいろありますが

 

  • そもそも仕事が面白くない
  • 慣れない環境で人間関係が窮屈
  • 労働条件が悪く割に合わない

こんな感じで仕事そのものに退屈しています。質問者さんも、こういう理由があるかは不明ながらも頭ごなしに「3年」と言われては疑問を持って当然ですよ。

仕事って最初はどうしても退屈な物。仕事を野球に置き換えるとわかります。

 

野球も始めた頃は、全くバットに当たらず空振り三振で退屈ですよね?せっかくホームランを打つ気で始めたのに毎日素振りで結果は出ず。

野球に限らないですが、何でも始めたばかりはこんな感じ。何をやっても練習ばかりで、実践的にやっても上手く行かないんです。

 

でもある時からコツを知って、どんどんバットに当たるようになる。そしてヒットを打てるようになる。この瞬間が楽しいのは言うまでもありません。

プロ野球の世界も高卒バッターは3年くらいは2軍で鍛えていますが、ある時を境に突き抜けて成果を出せるイメージです。

 

つまり仕事も同じで、この「ヒットが出るまでは時間がかかるよ」という意味で3年は続けないと分からないと言われているんです。

意味を理解していない上司などは「自分が3年やったんだからお前もやれ」みたいな理由付けがない指導をします。これじゃあ意味が無い。

 

野球でも3年バットを振れと言われても、その先が見えないとアドバイスにすらならないです。

ヒットを打つ瞬間まで時間がかかるけど、ヒットを打つイメージをして頑張れ」が正しい助言ですよ。

 

「3年」の根拠はない。ただし大半の人は物事の習得に時間がかかる

「とりあえず3年」と言われるのは、こういった仕事の習得にかかる時間の目安に使われている話をしました。もし3年以内に習得できるなら、別に1年でも良いんですよ。

野球の話ばかりで申し訳ないですが、たとえば野球部に入り甲子園を目指しますよね。でも大半のレギュラー陣は3年生で埋まっています。

 

それだけ技術を磨き、試合で通用するレベルになるには時間がかかるから仕方がありません。よっぽどプロに行ける天才なら、1年目からレギュラーですが・・ごく一部なのが現実。

仕事も同じで、ほとんどの人は最初から戦力にはなりません。仕事を習得するまでの時間差はあるものの、最初の数年はどんぐりの背比べ。

 

そこで3年くらい働いてみた先に、誰かがやっと抜け出てくると考えるべきなんです。

おそらく、入社したての新人さんたちも「こんな仕事ぶりで通用しないよな」と自信がないはず。だからこそ、時間をかけた先にどうなるかを見ないといけないって話ですよ。

 

「育成環境が悪い企業」での3年は無意味

「じゃあ3年しなくとも結論を出せるんじゃないか」という話ですが、ここで気にして欲しいのは会社の育成環境です。

例えば、3年以内にどんどん新しい仕事を経験させて実践的に使ってくれる会社であればいいんですよ。色々なことにチャレンジして、結果的に通用するかが分かりますから。

 

しかし、会社によっては「石の上にも3年」と意味も考えずにとどまる事だけを教える上司もいるんですね。3年間、バイトの延長みたいな同じ作業をさせるなどが該当します。

これだと仮に3年経っても、仕事のスキルや内容は変らないです。何も変わらないのに、3年続けてもやれることは変らないですよね?

 

つまり自分たちの仕事を聖域化して、長い期間を新人扱いしてくる会社はキケンな証拠。こういう環境だと、仮に5年過ぎても10年経っても仕事の質が変わらない可能性があるからです。

「石の上にも3年」と言葉だけ知っている人は、盲目的に信じやすい傾向もあるので「10年で一人前」とか言われたら信じかねませんw

 

バイトの延長作業などを続けさせて時間が過ぎ去る企業は育成環境が悪い。むしろこれは、3年と言わずに見切りが付いたら辞めていいケースです。

 

積み重なる仕事であれば3年やる価値はある

つまり、積み重なるような仕事をしている人はとりあえず3年を目指してもいいんです。今は退屈かもしれませんが、雑務が終わり仕事を教わっているなら問題ないでしょう。

上司や先輩から、ビジネスマナーを教わったり業務知識をどんどん積み重ねるよう求められるなら時間はかかりますが実になります

 

イメージとしては

今やっていることを、積み重ねたら3年後は違う」と思えるような仕事。

 

こういった環境で働けていれば、3年続けてみると分かるようになる物も増えます。職場全体の動きや、計画・実行を学習しますからね。

逆に同じことが繰り返し行われており、全く次に進めない環境なら3年後も同じ。今何もやっていないのに、3年後に変ってるわけが無いですから。

 

ここの見極めが出来るかどうかが、若い世代の人に求められます。積み重ねるように働いてみることをオススメしておきますよ。

会社が育てる気を見せない場合は、辞めたいという意思をそのまま動かしても問題ありません。3年経っても変わらなくて困るのは、会社ではなくアナタですから

今の職場に籍を置きつつでも、成長&給料アップの道を見据えるようにして下さい。

-キャリア問題
-

Copyright© 20代30代の転職相談にガチで答えてみた | 男性の就職支援 , 2020 All Rights Reserved.