メンタルヘルス

100分でブラック企業の洗脳が解ける映画レビュー【奴隷解放】

投稿日:

ブラック企業だと分かっているけど仕事が辞められない」という人は、かなり洗脳されているという状況を認識すべきです。

僕もブラック企業で働いてきた経験から、「当事者として働いていると洗脳に気づけない」という事が言えます。そういう人には何を言っても聞き入れられないですからね。

 

という事で、おすすめの洗脳解放ドラマを見つけました。映画なんですが、「ちょっと今から仕事やめてくる」です。ベストセラー小説にもなりましたよね。

ブラック企業から抜け出したいけど抜け出せない人は見ておくと良いです。100分だけ時間をくれたら、かなりマインドが洗脳から解かれますよ

どういうところが良いのかレビューしてみます。

「ちょっと今から仕事やめてくる」がブラック労働者に良い理由3つ

ストーリーに軽く触れておくと、ブラック企業に勤めている青山隆が自殺を考え電車のホームに飛び込もうとするところから始まります。

そこを山本純に救われてどんどん考え方が変わっていくという分かりやすいストーリー。ブラック企業に止まらず社会全体として考えさせられる作品で面白いですよ。

 

そんな作中で、「ブラック企業で働いている人のための見どころだな」というポイントが3つありました。ネタバレ防止はしているのでご安心を。

 

ブラック企業で働く人の気持ちがきめ細やかに表現されている

まずブラック企業で洗脳されている青山の問題がすぐにわかります。もう仕事というか、その職場環境に生きるしかないという状態に追い込まれてるんですね

ブラック環境で働く人は、日常生活にも大きく影響が出やすいです。「自分は大丈夫」と思っていても、何かしら人間関係が薄くなっていたりするので。

 

誰にも話さず抱え込むという風景が青山にもあり、「ブラック企業で報われること無く耐え忍ぶ意味の無さ」が表現されているんですよ。

僕も仕事で疲れて家の中ではボロボロ・・だったんですけどね。。そういう時って、自分がダメなんだとか仕事がデキないのが悪いとか追い込みがち

 

青山の場合は母親の電話をウザったがったりと、生活がすさんでいくのがよく伝わります。

冒頭での「送られてきた果物を腐らせるほど放置」なんて描写もきめ細かいと思いました。

(関連記事:上司に罵倒される会社はさっさと辞めるべき)

 

パワハラ上司のおかしさが客観視できる

吉田鋼太郎のパワハラ上司がマジでやばいです(苦笑)

僕自身は吉田さんがどんな役者か知っているので、イメージダウンする事はありませんでしたが。

 

もしあまり知らない役者さんで、これだけ酷いパワハラをやっていたら役と分かっても嫌いになりそうですwそれくらい酷いパワハラが常に起こります。

言葉の暴力から、土下座の要求や頭を叩くなど。僕自身の経験と照らし合わせてしまい、軽くイライラさせられました。それくらいパワハラのおかしさを客観的に観れます。

 

映画で見ると「この会社で何で働き続けるんだ?」と考える事が出来るはずなんですが、それが自分事になると無理なのが現実ですよね。

作品を観て自分に置き換え「あれ?似たようなことが自分の職場でも起こってるぞ?」と思ったらチャンス。それブラック企業に洗脳されてますよって伝えたいですね。

いや~吉田さんの役はめっちゃハマってて怖かったw

 

自殺を考えてしまう全ての人に届くメッセージ性

最後に言いたいのは、自殺について考えさせられる場面を観ようという話。行きつく先が「死ぬしかない」みたいな状況の人ってブラック企業に多いと思うんですね。

僕もですが、他で仕事を探せばいいのに「俺はダメなんだ・・」と自殺を安易に考えてしまいがち。作中でも似たような描写は多く、自殺が頭を過ぎるシーンがいくつかあります。

 

冒頭で山本に止められることはもちろん、途中でも自殺がテーマになってるので。「死んだら全てが片付く」と思っている人ほど、そういうシンプルな話では無いと気づきます。

この自殺に対するメッセージ性がとても強いので、僕も相談ブログながら紹介してみたいと思った次第。

 

「死んだら終わり」という考えの人ほど、さらに起こり得る苦悩を想像できるので観て下さい。

(関連記事:死にたい気持ちの乗り越え方)

 

「ちょっと今から会社を辞める」が当たり前の感覚でいい

映画のタイトルが、「ちょっと今から仕事やめてくる」ですよね。このタイトルは斬新で、「ちょっと」ってノリで辞められない社会への皮肉にもなっています。

でもこれくらいが当たり前の感覚になっていいと思うんですね。

 

気に入らない事は確かにあるかもしれませんが、ブラック企業で自殺を考えるレベルならちょっと辞めればいいだけですよ。

そういう考えや思考を日本人には受け入れがたいものがあるのは分かります。ですが、むかしと違い転職が当たり前の時代。

 

仕事を辞めようが探そうが、「あら・・そうなんですね」で終わるもんですよ。僕も転職をしてはいけないみたいに過去に思っていて、結果的にブラック企業に洗脳されやすくなりましたし・・。

仕事は辞めたとしても、ネットの求人なんかで見る通りいくらでもありますから。

 

死んだらもうやり直せないよって話です。ブラック企業に洗脳されている方は、考えるきっかけに作品をチェックされることをおすすめします

(関連記事:ストレス発散のための映画レビュー)

(関連記事:ストレス発散のための漫画レビュー)

-メンタルヘルス
-

Copyright© 20代30代の転職相談にガチで答えてみた | 男性の就職支援 , 2020 All Rights Reserved.