人間関係の悩み

「職場いじめ」は”イジメられる側”にも原因がある【対処法】

投稿日:

職場いじめをテーマに書きますが、「イジメられる側」にも原因があると考えないといけません。なぜなら、「職場いじめをやる人間が悪い」と断罪しても問題解決にならないからです。

例えば僕の実体験で、罵倒などを繰り返され職場でメンタルを病んでは仕事を辞めることがありました。だからこそ、職場いじめに遭う人の気持ちは人一倍の理解が出来ます。

 

でも、「いじめはやる側が悪い」といくら正論を吐いても解決にならず。むしろ「そういう場所は逃げろ」となるだけ。イジメてる側がその場を離れるならまだしも、イジメられ損な現状があるんですね。

「いじめる人が悪い」ですが、優遇されるのはいじめている側。そう考えた時に、イジメられる側は対処法を見出さないといけません。

 

それがタイトルにもある「イジメられる側にも原因がある」と考える事に繋がります。そして対策する動きが必要になります。もちろん、「イジメる側が悪」という絶対条件があっての事。

僕は20代の頃はずっと「いじめる奴が悪い」の一点張りでした。正論だし、誰に相談しても相手が悪いという話になるんです。ただ結果は僕が会社を去るしかありませんでした。

 

「アホ、ボケ、カス」と言われて会社を去った僕が、イジメられる側も原因を考えろと言っている背景にはこういう事情があるんです。

せめて、いじめられ損で終わらない対処法を参考にして欲しいのです。

僕に起こった職場いじめ【原因と対策】

職場いじめに遭う人は、大抵同じような理由でいじめに遭ってるんですよね。仕事という環境だからこそ起こる問題なので、ある意味では原因は発見しやすいです。

まず原因さえ押さえれば、対策も簡単になると考えて下さい。イジメに遭う原因を確認し、対策をしていく方法を僕の後悔も踏まえてまとめますね。

※くれぐれも「イジメを受ける側が悪い」という風に捉えないで下さい。黙っていても仕方がない、行動に出なければいけないという意味で書いています

 

不器用で仕事が遅い

僕が不器用な事は、過去にもブログで書いた通りです。指示された仕事をこなすのに、人一倍時間がかかってしまったり。手際が悪いので失敗も多くしてしまう・・。

ですが不器用が理由で仕事が遅くなったり、失敗が多くてもカバーはしないといけないんですね。「俺は不器用だから」と諦めていたり、そこから改善する努力が無いと嫌われて攻撃されやすくなります

 

誰もが人の個性や出来ない事を認めるわけでは無いですからね。心の広い人、狭い人と色んな人がいます。「俺は失敗に寛大なのに!」と思うだけではいけません

「いつも仕事が遅い」、「どう頑張っても失敗する人」を見てイライラして当たって来られることもあると考えるべき。

対処策

対策ですが、「不器用で仕事が遅い」のは仕方が無いんですね。もうそういう生まれ持った能力だと割り切るしかありません。ただ割り切るのと開き直るのは別物

もし仕事が遅いなら、周りの人よりは早めに出勤してみる。仕事のスピードで勝てないなら、どこか別の点で補うといった行動を取れば見ている側には悪く映りません。

 

と言っても、定刻よりもめちゃくちゃな早朝出勤をしたり帰宅時間を遅らせる必要はありません。例えばですが他人よりは早めに出てきて掃除をするとか。そういうレベルで良いんです。

不器用な分を「取り返せそうなところ」で力を入れてみる。これは別にどういうところでもいいんですよ。退勤間際に、急いで帰りたがる人を先に帰らせるとか。何でもあります。

人なりに頑張っているという姿勢は、どういう形でも見せて損はありません。人の中で働くわけなので「不器用だけど頑張ってるよね」といった評価はあるに越したことはありません

 

出来ない仕事をフォローしてもらっても「お返し」をしない

また仕事の関係ですから、出来ない仕事があった場合には仲間にフォローをされますよね。僕はスーパーで働いたり、介護の現場にいたのでチームプレーで助けられてきました。

ただ仕事が遅く不器用なので、フォローは受けていました。感覚的に僕も傲慢だったので悪いんですが、「フォローも仕事の内」みたいなところがあったんですよね。

 

その際に、フォローは受けたけど誰かが困っている時に助けているかというと・・微妙(汗)やっぱりフォローされたら、その分だけ貸しが出来たと思っておくべきでした。

「あいつはフォローだけされて何もしない奴」となると、職場内でも雰囲気は一気に悪くなってしまいます。何かにつけてフォローされなくなるなど、自分に返ってくるので注意が必要です。

対処策

フォローされたらお返しすると言っても、その日のうちにお返しが出来るかというと微妙。トラブルやミスが誰にでも起こるわけでは無いですから。

どちらかというと、イジメられる人はミスを犯しているのでフォローを受けるだけになりやすいんですよ。そのため、声に出して「しっかりお礼を言う」のはやりましょう。

 

何かの拍子で良いんです。「いつも助けて頂いてありがとうございます」と。何食わぬ顔でいると、助けてもらって当たり前と受け取られかねません。

逆に誰かが困っていれば、真っ先に駆けつけてフォローするくらいの姿勢を持つ。咄嗟のミスが出た時など、「え~フォロー?面倒臭っ・・」と思ったりするので。

自分の事を棚に上げてしまう事になるので、こういう場面こそ大切に仲間をフォローしましょう。

 

付き合いが悪い

「付き合いが悪い人」も職場いじめを受ける可能性が上がります。と言っている僕も付き合いは最悪レベルに悪いです。飲みニケーションが嫌いなので、飲み会は断る事も多かったですね。

お金が勿体ない、職場の人間と仲良くなっても意味がない。こういう考えだったので、20代の頃は参加しても嫌々ですぐに帰りたがる空気しか出していない存在でした。

 

こういう付き合いの悪さを出してしまう人は、なるべく対処しておいた方がいいです。

いくら自由参加の飲み会などでも、きっちりとした断り方など対策がないと僕みたいになります(汗)退屈そうにするなら参加しない方が良いですよ。

対処策

職場で誘われて断る場合には、基本的にしっかりと理由を付けた方が良いです。

誘われても「うーん~どうかな・・」みたいな。「行きたくない気持ちを察しろよお前ら」という態度はマズいです。僕がこれやってたんですが(汗)

 

そうではなく、「○○で参加できなくてすみません」とハッキリ断っておく方が後がラク。後から「何が理由で参加が嫌だったのか」と勘繰られなくなりますからね。

ストレートに「お金を貯めている最中です」でも良いですし、「最近は胃の調子が悪くって」とかでもいいんです。仕事のための資格や勉強をしているとか。理由は作りましょう。

 

それを踏まえた上で、ごくたまには「今回は参加しますね」と楽しそうに参加してみる。鬱陶しいんですけど、就職した以上は稀に参加するくらいはした方が良いのは確か。

参加するなら楽しそうに。参加しないなら意思表示はハッキリとが一番ですよ

 

コミュニケーションを疎かにする

職場内のコミュニケーションが苦手な人は多いですよね。しかし、苦手な人が職場いじめに遭う可能性は上がりやすいです。

僕がそうなんですが「どこか取っつきにくい」とか「何を考えているか分からない」と思われるんですよ(苦笑)こうやって文章を書いていれば考えも出せるんですけどね。

 

対人関係が苦手なので、職場に入るとコミュニケーションが取れずに困りがち。コミュニケーション不足は、仕事の失敗の際に「悪い悪いw」という謝罪のしやすさにも影響がでます。

これが積もり積もって「あいつはいつも失敗ばかり」というイメージが作られて行ったりするんですよ。コミュニケーションが取れる人は、失敗をネタにしていたりと取り繕いが上手い。

そのため、コミュ障と思われる人ほど少しは頑張る必要があります。

対処策

基本ですが、職場の人との「雑談」は大事にした方が良いです。コミュニケーションが苦手なので、何を話せばいいのか分からない人もいると思いますが。

この場合、職場内で人気のテーマに話を合わせて行くなど方法はいくらでもあります。お菓子好きな人が多ければお菓子の話をするなどですね。

 

労力は必要ですが、完全に職場内にいる人を無視して働く方が返って苦しいので。出来る限りコミュニケーションは取りましょう。

人間関係が上手くいかない人の共通点3つ」など、別に記事も書いてるので必要があればどうぞ。

働くためだけに集まっていると思っていた20代の僕は、こういった問題を雑にしてましたね・・。今なら大事に会話もするんだけどなぁ・・。

 

嫌な思いをしても言い返すことが無い

最後ですが、職場いじめを受けている人は言い返す力が無いケースが大半です。例えば嫌なことを言われても、我慢して黙り込んだり平気な顔をしてしまう。

傷ついていても平気な態度を取っていると思わせると「こういう事は言ってもいいんだ」と相手を調子づかせるだけ

 

イジメって大半の問題は、「最初はそんなつもりもなかった」なんですよ。だからこそ、どんどんエスカレートして言い返さない相手にイライラする人が出てくる

「言われる方に何も落ち度はなく、むしろ我慢してるのに」と思いがちですが、これがイジメを助長させるので問題になります。

対処策

嫌な思いをしたら、その点については口に出して訴える習慣を持つべきです。例えば「仕事が遅いしノロマ」と馬鹿にされたとします。

そういう時に、仕事が遅い事を引け目に感じヘラヘラしてちゃダメ。「さすがにそれ傷つきました・・」くらいは言って、不機嫌になっている様子を見せないといけません

 

職場いじめを受ける人は悪くないですが、相手に「こいつには何を言ってもいい」と思わせない工夫だけはしないといけないんですね。

相手に対して「黙っておけば察してくれて、後になって反省するはず」などの期待は間違っても持ってはいけません。彼らはいじめている自覚すら怪しいので。

 

職場で嫌なことがあれば、必ず口に出して反発しましょう。相手を恐れてしまうと、その段階から舐められると考えるべき。

僕は黙ってヘラヘラしていたので見事にターゲットになりました(汗)学生時代からそうですが、やはり何らかの態度で示さないとエスカレートするんですよ。

 

対処策は「今日」からできる

今回の話で、いじめを受けている人は原因を見つめなおせたはず。もちろん、原因はあってもそれが正当化されてはいけないんですよ?

その上で、対処をして職場いじめに対抗する必要があります。自分自身に向き合い、変えられそうなところは変えてしまう。行動こそがすべてなんですよ。

 

もしも今の職場が、末期レベルに悪いところだったらそれは戦うだけ時間の無駄でもあります。転職するなどして、精神衛生をキレイに保てるところに移るべき。

ただし転職をするなら、対処策は頭に置いておくようにして下さい。せっかく職場を変わって転職デビューしたのに、今までと変わらないと意味がありません

 

人それぞれ違う対応になると思いますが、出来る限りのことをやれるよう応援しています。職場いじめは、やる側が絶対に悪ですから

いじめも超えて、汚い言葉での罵声や罵倒に苦しむ方にも書いた記事があるので併せてどうぞ。(関連:上司の罵倒がある会社は辞めるべき)

-人間関係の悩み
-

Copyright© 20代30代の転職相談にガチで答えてみた | 男性の就職支援 , 2020 All Rights Reserved.