労働コラム

「家族経営の会社」は続けるメリットがない【見抜き方も教えます】

投稿日:

家族経営されている会社にお勤めの方にお聞きします。「辞めたい」と思いながら働いていませんか?もし何ごともなく続けられているなら、その会社は激レアな存在です。

僕も働いたことがあるから言えますが、「家族経営の会社」は労働環境としてはメリットがありません。そんな家族経営の会社で頑張る質問者さんにアドバイスします。

 

ヤフー知恵袋より

質問の要約

  • 家族経営の会社に勤めてるが、頑張る事がツラくなってきた
  • 家族やその友達など、身内が役職に就いている
  • 似た環境で働いたことのある人の意見が聞きたい

 

質問者さんの勤めている会社は特殊なように聞こえますが、「家族経営の会社なら当たり前」なんですね。僕は都合2か所で家族経営の会社で働いたから言えるんですが。

問題なのは、入社してしまった以上は続けないといけないと思いながら働いてしまう事でしょう。日本の会社は安易に辞めることが推奨されにくいので、ある意味では入ったら厳しいです。

だからこそ、続けるメリットはないという話をします。同時に、家族経営の会社を見抜く方法も参考にして下さい。

家族経営の会社を辞めた方が良い理由

「普通の会社」なら、それなりに続けてみてから考えろと言いたいんですけどね。(参考:仕事は3年続けろの意味)

家族経営の会社は異質なので、辞めた方が良いという視点から考えるべき

 

質問者さんも、家族経営への不満やストレスを抱えながら続けていますが・・。僕の経験も踏まえると、さっさと辞めるべきと言えます。

 

家族経営の独自ルールに洗脳される

家族経営なので、「身内の稼ぎは自分の稼ぎ」になります。親が社長だと、いくら役職の無い子供でも自分たちが頑張らないと稼げないですからね。潰れたら終わりですし。

そういった感覚になりやすいのが家族経営なので、独自ルールが生まれやすいです。特に次のようなパターンに僕は洗脳されていました。

 

★家族の勤務時間にそのまま合わせないといけない…家族たちが定時より早く来たり、遅く帰ったりして頑張るのでそれが当たり前になる。

★家族だけしか役員、役職のポジションになれない…昇給や出世の道は、家族が先で部外者は後回しになる。頑張っても報われにくい。身内優先が当たり前と洗脳される。

 

こういったルールに洗脳されてしまうと、一般的な労働規則などを意識しなくなります。僕はあっという間に洗脳されたので、何をやるにもストレスになりつつ我慢していました。

 

社内政治が超しんどい

会社組織にいると愚痴の一つでも言いたくなるもの。しかし、社内の人間関係は基本的に身内で固まっています。「身内がいない」という状況が少ないんですね。

質問者さんも言っていますが、こういった環境だとゴマすりや悪口が増えやすいです。身内の結束は強すぎるので、社内政治も超シンドイ。

 

愚痴の一つでも言いたくなるのが仕事ですが、いつも家族の誰かがいるので何も言えず・・。ストレスだけが膨らみ、とても憂さ晴らしになるような事はありません。

普通に働くだけでもしんどいのに、こういった社内の人間関係に神経をすり減らしている人は多いです。これだけでも家族経営の会社はさっさと辞めた方が良いと言えます。

 

公私混同を目の当たりにすると嫌になる

家族経営になると公私混同された状態を見る機会も増えます。仕事中の休憩や、外出が家族なら許されるんですね。普通なら一発でアウトですw

買い物に出たり、早く帰宅して用事を済ませようとしたり。家族ならではの理解があるので、下っ端だろうと関係ありません。部外者は許されないのに!

 

百歩譲って仕方がないと納得できたとしても、見ている側としては嫌になりますよね。マジメに頑張ってる部外者は、結果的に馬鹿らしくなってしまいます。

僕が勤めた家族経営の会社は、まさにこういう事がよくありました。いつもなら定時を過ぎても帰れないのに、「今日は家族で食事に行く」という時は大慌てで仕事を終えたり。

 

何だか、家族の都合に合わせて働く自分がみじめな思いをしていたのは言うまでもありません・・。

 

家族経営の会社でメリットがあるとすれば?

「家族経営はデメリットしかない」と書いていますが、もしメリットがあるとすれば何でしょうね(汗)もし「家族経営の会社に入れてよかった」と思える人がいるなら聞きたいくらい。

強いてあげるなら、その家族のルールにドンピシャで合う人なら楽しく働けるという事くらいです。それくらい、家族経営の会社に満足度を求めるのは難しいですよ。

 

家族経営の会社を見抜くには?

すでに家族経営の会社にいる人は仕方が無いですが、これから転職するなら避けたいですよね?そのため、家族経営の会社をどうすれば見抜けるかについてまとめて終わります。

 

「求人情報」や、「会社のホームページ」で確認する

「家族経営」というのは、世間的にはデメリットばかりです。そのため、間違っても家族経営を表立って知らせてくれることはありません。

そこで調べたいのが、求人情報や会社のサイト。役員や役職に就いている人物の中に、同じ苗字の人がいないかをチェックする事。

 

夫婦なのか、子供なのか分かりませんが苗字が一致している人がいるなら注意が必要です。同族で固められていると考えれば、家族経営は見抜けます。

他にも代表者や役員の顔がサイトで掲載されていることもあります。結婚して苗字が変わっている場合も、顔を見て判断できます。

「社長と役員の顔が似ている!?」と分かれば少しは警戒できますよね。

 

僕の失敗でもあるんですが、こういった事前情報くらいは調べておけばよかったと今では思います。ああ・・何も知らずに就活してた自分がバカだった。。

過去に勤めていた同族経営の会社では、2か所ともサイトに載ってるんですよ。こうやって後から後悔しても遅いので調べましょう(汗)

 

「会社の内部」を熟知した求人サービスを利用する

また、会社のサイトが出てこないと判断できないところもあります。そういった場合には、「会社情報を熟知した求人サービス」を使うべき。

この時代でも会社のサイトがないまま仕事をしているところは多くありますからね。そういうケースでは、いくら調べても情報が取れません。

 

そのため、会社との関係が密接な求人サービスを利用するのが良いですよ。

応募したいと思った会社については、仲介している求人サービスなどであれば「むかし家族経営の会社で大変な思いをしたので避けたいのですが」と聞けばいいだけ。

 

特におすすめなのは、転職コンサルタントやアドバイザーがいる求人サービスです。彼らは実際に「求人を出して欲しい」と先方企業に行って営業しているので知っています。

わざわざ家族経営の会社が嫌な人に、仕事をぶつけてくることも無いので教えてくれますよ。こうやって、分からないなりに判断してくれる人を頼るのは大きな武器になります。

 

「後になって分かった」では遅いんです。今から対策できるところは対策し、少しでも家族経営を避ける工夫をするようアドバイスしてみました。

-労働コラム
-,

Copyright© 20代30代の転職相談にガチで答えてみた | 男性の就職支援 , 2020 All Rights Reserved.