労働コラム

「職場の悩み」を上司に相談するという愚行【専門家にしとけ】

投稿日:

職場の悩みは専門家に相談した方が早いです。

みなさん職場での悩みってどうしてますか?仕事の問題で行き詰ったり、気分的に落ち込んで辞めようと思ったり。困った時に相談したくなりますよね。

しかし、職場の悩みの大半は上司に相談しない方が良いんですよ。なぜなら上司はカウンセラーでも無ければ、多くの悩みを受けて来たわけでもないからです。

そこで今回は「上司に相談するのは愚行だ」と思う理由を挙げて行きます。ちゃんとした相談と解決法を身につけないと、無駄な相談に消耗するだけですよ。

ヤフー知恵袋より

 

質問の要約

  • 悩み事があるが上司に相談できない
  • でも「どんな些細な事でも相談して」と言われている
  • 忙しそうで頼るに頼れない

質問者さんの話を聞いていると、上司に相談して何とかしたいという思惑が見受けられます。ただ忙しい上司に相談するタイミングが見つからない・・。

ハッキリ言うと、「こんな状態の上司に相談してもまともに話を聞いてもらえない」というのが僕の見解です。

 

時間を取って、親身になって頼れる相手なら相談前からプレッシャーなんて感じさせてきません。「相談して」と言うのは、良い上司アピールも入ってる可能性があります。

そして最大の問題は「上司に相談する」という愚行に走る質問者さんにあります。悩みの内容によっては、相談しても仕方がない事が多い現実を知りましょう。

職場内の悩みは、上司に相談しても解決できない物が多い

職場で悩みが起こると「上司に相談」という選択肢が自然と出てきますよね。しかし考えて欲しいのは、職場の悩みの大半は上司では解決できないということです。

 

たとえば分かりやすく3つ挙げてみました。

  • 人間関係に悩んで困っている(当事者間の問題)
  • 給料や労働条件に不満(上司の裁量では決められない)
  • 転職したくて辞めたい(引き止めなど面倒になりやすい)

というように、職場での悩みにおいては大半が自己解決すべき問題なんですね。例外的に上司に相談して解決するものがあるなら、それは仕事についての悩みでしょう。

上司の指示を含め相談に乗って貰わないといけないので、質問者さんのように相談しづらいと言っている場合ではありません。

 

上述したような悩みの方が大半で、自己解決を目指すという悩みが多い以上は上司に相談する方がムダ。これを僕は強く言いたいんです。

僕自身はメンタルが弱く、仕事で上手くいかないとウツになることが多いんですね。こういう悩みも上司にとっては「気合で頑張れ」みたいな事しか言ってくれない訳です。

 

そう考えると、上司に相談して乗り切れると思う方がおかしい。まさに愚行です。

じゃあどこで相談するのか?という話になりますが、僕の経験から専門家への相談をおすすめします。

 

悩みの専門家は、具体的な解決事例を提示してくれる

職場で上司に相談したくなるのは、「仕事場の事を分かっているからだ」と言う人もいますよね。外部の労働相談やカウンセラーを頼りたくない人の理由にありがち。

でも考えてもらうとわかりますが、世間一般で起こる職場内の悩みなんて「あるある」なんですよ。

 

「うちの職場は人間関係が独特」と思っていても、それは閉ざされた職場にいるから思うだけで。どこに行っても人間関係は程度の差で何かあるもんです。

僕も色んな職場で働きましたが、好きな人もいれば嫌いな人もいました。こういう問題なら、むしろ上司より専門家の方がより解決しています。

 

「そういう時は○○と言ってみれば?」とか「あなたの○○な性格も少し振り返ってみれば?」と事例別に提案されます。

悩みには本質があります。職場内で起こる悩みも、その本質を考えれば解決に向かえると僕の経験からも言えます。

 

上司に相談するとこじれる理由

専門家に相談すると、本質的解決を目指せると述べました。僕もカウンセラーを頼ったり、職場以外の人に悩み相談をしていた理由もこれです。

職場の上司だとこじれることがあるんですね。

 

みなさんも経験したことがあるかもしれませんが、上司に相談すると持論が展開されやすくなります。

「今の若者は~」(時代が違うのに無意味な比較をする)

「もう少し頑張ってみろって」(がむしゃらに頑張ればなんとかなると思ってる)

 

こういった話で返される事が多いんですが、ぶっちゃけ「そんなの知ってるわw」という感想しか出てこないようなアドバイスばかり。

さらにこじれると、相談したことで「悩んでた○○は解決できた?」と聞かれたり。こう聞かれたら相談に乗ってもらった手前「はい!大丈夫です!」というしかありませんよねw

 

悩みを抱えている人の何がツラいって、悩んでいることをオープンに出来なくなることです。相談したのに、よりしんどさをオープンに出来なくなる苦しみ。

これがあるからこそ、僕は職場内での相談を控えるようになりました。もちろん、上司が絶対的に頼れるなら相談すればいいんですが。

 

大半の上司には、質問者さんも気にしているように余裕がありません。その場しのぎの解決策を言われて、微妙な感じで終わるデメリットが大きいです。

第三者目線から適確なアドバイスってかんたんなようで難しいんですよね

 

相談するなら「具体的に解決案を示してくれる人」を選び続けろ

これは20~30代の人に覚えておいてもらいたいんですが、悩みは絶対に解決できるんですね。「解決できない」と思っている人は、相談する相手に恵まれていないだけです。

僕自身も最初は相談相手を間違い続けました。ピザ配達のバイトで失敗が多く、精神的に病んで上司に相談してたんですよ。

 

ただこれがありがちな間違えで「みんな頑張ってるんだから、もっと頑張ればいい」とウツが悪化するような状況に追い込まれたんですね。

もちろん、上司の立場上「休んでゆっくりしろ」とか「辞めて休養を取れ」なんて言えません。相談した時点で、真っ当な答えが受けられないパターンです。

 

逆に相談すべきなのは、「職場に対して何の利害関係も無い人」です。いわゆる第三者で話せる人。

冒頭で「専門家に相談を」と書いたのもそういう意味です。無料相談で職場内の悩みを解決してくれる人はどこにでもいますからね。

 

僕でも以下のようなところで、全力で相談に乗ってもらってました。ずっと通うと気まずいので、適度に場所は変えましたが(汗)

  • ジョブカフェ(若年者の職業相談所)
  • サポステ(働く状態に無い人でも相談可能)
  • 人材サービス(派遣会社で人生相談)

吐き出す場所はいくらでもあります。悩みを自己解決するのは難しいですが、こうやって会社と距離があるところで相談すれば確実に違いが生まれます。

少しでも精度の高い解決策を求めてみて下さい。職場内は限定された空間なので、視野を外に持っていくと解決率は上がりますよ

-労働コラム
-

Copyright© 20代30代の転職相談にガチで答えてみた | 男性の就職支援 , 2020 All Rights Reserved.