メンタルヘルス

「仕事を辞めて自由」になり過ぎると、うつ病になるから就職しなさい

投稿日:

質問の要約

  • 日曜しか休みのない、毎日残業の仕事を辞めた
  • 辞めて2週間くらいして食欲不振、不眠、不安症状が出て来た
  • 自由を手に入れたことで、うつ病になりかけることはあるのか教えて欲しい

結論から言うと、自由になり過ぎるとウツ病になりやすいです。

これは僕の経験からも言えるのですが、人は過度のストレスを受けるのは良くないとされていつつも、ストレスの無い生活も良くないのです

そのため、仕事を辞めて自由になり過ぎてしまうと、ストレスがなさ過ぎてウツになってしまうということも起こりえます。質問者さんもこの状態だと経験から思うんですよね。そこで今回は

  • 仕事を辞めたとしても、中途半端に休まない方がいい理由
  • 自由になり過ぎると、なぜうつ病になるのか

これらの問題について触れながら、回答してみたいと思います。仕事を辞めて自由になるのはいいですが、なるべく早く就職すべきだと経験から解説させて頂きます。

僕が極度のストレスから解放されて自由になってもウツになった経験

質問者さんとやっていたことは違えど、同じような境遇に立った話を書いてみますね。

僕は18歳の当時、極度の学校恐怖症から不登校になりました。毎日がストレスで自殺を考えていたほどなので、そう思うと学校に行かなくて良くなった時は自然と気楽になったものです。

それこそ、最初の1週間くらいは、何のストレスにも縛られない自由を手にした感覚。質問者さんの「のんびり過ごせる嬉しさ」はよく理解できるんですよ。

しかし、これも時間が経つにつれて、「本当にこれでいいのだろうか」という不安も襲ってきたんですね。これが結局、毎日の不安に繋がって行き、強迫性障害という神経症状を生んでしまいました。

人によって程度の差はあれ、質問者さんのように不眠になったり、食欲不振が起こるのも自然なことだと経験から思うんですね。

人は、過度のストレスを受けていると気づかないのですが、僅かなストレスには必ず触れ続けて生きるように出来ています

ここをいきなり避けてしまうと、一気に無菌状態になり、知らない間にストレスを抱えてしまう原理と言えるでしょう

この原理原則は、実際に学校に行かなくなったり、仕事を辞めてのんびりしてみないと、気づくことはありません。みんな、何かしらストレスに晒されて生きているわけですから。

仕事を辞めて、うつ病になりかけていると思ったら?どんな行動を取るべきか

質問者さんのように、もし仕事を辞めて自由になったことでうつ病になったと感じる人がいるなら、対策としてはなるべく早い段階で社会と関りを持つ事です

どのような形で社会と関わりを持つべきか、取るべき行動をまとめてみます。

環境の良い職場に転職、就職する

一番いいのは、さっさと環境の良いところに就職してしまうことですね

僕も当時は18歳と若く、特に働くスキルも無かったので不登校にしかなれませんでしたが。

ここは転職支援のサイトなので割愛しますが、不登校の人なら、フリースクールなんかもいいですよね。

社会との接点になる場所という意味で、働ける方なら転職や就職は使えるのです。良い環境を知りたいなら転職エージェントなど、いくらでも使えるので活用すべきと言えます。

長期休暇を取らないとできないこと(旅行など)

あとは思い切って外に出てリフレッシュに走ることなんかもいいですね。

長期休暇って普通は会社にいると取りにくいので、次の仕事を探す前に旅行してしまう方法もあります。

旅行はリフレッシュに向いていますし、長期休暇特有の遊びです。場所が変われば考えも変わりやすいので、うつ病という状況にはすごく良いと経験上言えます

僕も仕事を辞めては就職という具合に繰り返してますが、ストレスマックスで仕事を辞めた後は旅行などに行って気分転換をしていました。

自由な状態は、うつ病の発症を引き起こしやすいので注意

「自由になる」というのは、普通に生きているとそう簡単に手にできない状態です。そんなストレスの無い生活は、長くは続かないのも事実です。

僕も今にして思えば、ストレスの無い生活なんておかしいと気づくべきだったんですが。

質問者さんも、ストレスがないことでうつ病になりかけていると思うなら転職するなど策を練るべきと言えます。

全くストレスが無いのは、やはりどう考えても身体に悪いですからね(汗)

軽い就活をしてみたり、旅行に行くなど、程よい日常への刺激を作ってみて下さい。

-メンタルヘルス

Copyright© 20代30代の転職相談にガチで答えてみた | 男性の就職支援 , 2020 All Rights Reserved.