キャリア問題

手に職をつけるか一般就職か【やりたい事がない人の選択法】

投稿日:

ヤフー知恵袋より

質問の要約

  • 高卒ニートで就職に悩んでいる
  • 普通の会社で働くか、手に職を付けるべきか
  • 夢ややりたい事はない

質問者さんの悩みについては一発回答できます。まず普通の会社に就職して働くべきでしょう。高卒ニートという状況を踏まえると、なおさら普通の会社を選ぶべき。

なぜなら、質問者さんが「夢もやりたいことも無い状況」だからです。もしやりたい事があるなら、手に職をつけに行くべきなんですが。

 

この世代(20代前半)くらいで仕事が無い方は、手に職をつけようとか資格を取ろうとか。就職有利になる道を模索しているであろうと思います。

僕もでしたが、22歳くらいの頃は「手に職をつけるべきか」と散々悩んできました。この経験も踏まえて、それでもまずは一般就職すべきという話をしておきます。

「手に職をつけると安心」と言われている理由

20歳前後だと「手に職を付けるといい」と言われやすいですよね。30歳とか40歳になると、仕事に困っても手に職をつける時間も減るので若い時こそ言われがち。

そういう意味で、手に職を付けることをアドバイスされやすくなっているので余計に悩みますw

 

確かに、仕事をするための技術を身につけている人は強いので勧められはするんですよ。

ただ、それは仕事を続けるために必要な技術のことで、今後もずっと継続する前提で語られてるんですね。質問者さんも書いていますが、料理人なども同じです。

 

料理をするために手に職をつけるなら、料理を続ける道に進みます。その点で考えれば安心ですが、逆に言うと料理をしない道に進むなら意味も薄れてしまいます

僕はここを懸念せずに手に職をつけようとしました。簿記を勉強していたんですが、全く会計などに興味もないのに。

 

「手に職をつけると安定する」という言葉だけを信じていたので。手に職を付けるなら、その道に進む覚悟も同時に持たねばいけません

「手に職があると安心」の裏にある意味も考えないと、ただ手に職を付けただけの人になる危険性があります。

 

やりたい事が無いのに「手に職を持つ」のは苦行

もし、それでも手に職を付けようとしますよね?それはそれで苦行が待っています。

例えば料理人になりたいという思いがある訳でもない場合、料理という「手に職を付けることが目的」になってしまいがち。

 

こうなると、「手に職」だけがひとり歩きして、興味の無い仕事をするために頑張ることになりますよね?

料理に興味が無いのに、ひたすら勉強するってちょっと・・キツくありませんか?学校の勉強でも、最低限の興味が無いとやる気にならないはずです。

 

そういう意味で、安易に手に職を付ける方が苦行になってしまう恐れがあるんです。手に職を付ける最中に、その仕事が好きになる可能性も無くは無いんですが。

最初から興味が無いのに、学びに行って好きになる可能性に賭けるというのは感覚的にもおかしいでしょう。

 

そこで提案できるのは、質問者さんの当初の考え通り、普通の会社で働くこと。一般就職をおすすめします。

 

一般就職は安易に決めても問題ない

手に職を付けるのは、よっぽど興味がないと苦行になることに対して、一般就職は安易に決めても問題ありません。

手に職を付けることと比較しても、「なんか違う」と思った時のリスクが別格に減るんです。

 

金銭的にも手に職を付けるには学校に行ったり、資格取得のための教材が必要になります。時間もそれなりに取られるので、初期投資のハードルが非常に高いんですよね。

逆に普通の会社に就職するのは、お金はかからないですし、やってみて違うと感じた時に辞める選択も取りやすいです。

 

つまり、安易に決めてしまっても問題ないのが一般就職なんですよ。

お金や時間を投資してしまうと、損をしないように・・とする思考も働きますからね。そういう意味で、やりたい事が無い状態で手に職を付けるのは避けた方が良いと断言できます。

 

やりたい事が無いなら派遣がおすすめ

そこで提案ですが、僕はやりたい事が無い人は派遣会社に登録して働くことをおすすめします。「バイトでもいいじゃないか」と思われがちですが、同じ非正規でも違いがでます。

バイトだと、同じ業務を繰り返すだけになりがちなんですね。人脈も広がりませんし、仕事が嫌になった場合に他の仕事を紹介してもらうことも難しい。

 

しかし、派遣会社に登録して働いていると、少なくとも複数の業務形態は提案してもらえます。ここがバイトとの大きな違いなんですよ。

派遣アドバイザーの方と繋がりが出来るので、「こんな仕事があるんですがどうですか?」と紹介を受けやすくなるわけです。

 

派遣会社には色んな仕事が集まってくるので、やりたい事がない人でも色んな案件を見ている内に「こんな仕事もあるんだ」と知る事もできます

「何もやりたい事が無いから手に職を」と思っている人にとっては、お金も時間も取られず選択肢を広げられるわけですね

 

僕も派遣を知るまでは、一つの道で生きる(手に職を付けるも含め)といった偏った思考だったので。

手に職をつけるか一般就職か。迷っているなら、一般就職を派遣会社で探してみて下さい。選択肢を広げるいいきっかけになりますよ。

仮に非正規でも、正社員に昇格する道を用意してくれるなどメリットが多いので参考にどうぞ。

-キャリア問題
-, ,

Copyright© 20代30代の転職相談にガチで答えてみた | 男性の就職支援 , 2020 All Rights Reserved.