キャリア問題

やりたい仕事が見つからないのは親が原因な【やりたい仕事の探し方】

投稿日:

やりたい仕事がないのは普通なの?」という質問を見つけました。確かに今の社会を見ていても、やりたい事が出来ている人は少数派なのでそう思うのも自然です。

と言っても、やりたい仕事が見つからないのはアナタのせいじゃないんですよ。先に答えると「あなたの両親が原因」だとズバリ断定しておきます。

ちょうど「向いている仕事がわからない」の探し方に答えたばかりなので、「やりたい仕事の探し方」も書いてみます。実際にやりたい仕事に辿りつけた僕の実体験も踏まえて。

ヤフー知恵袋より

質問の要約

  • やりたい仕事がないのは普通なのか
  • やりたい仕事をしている人は幼少期から夢を持っていたのか

やりたい仕事をやっている人を見ると、質問者さんのような気持ちになるのが普通ですよね。大半の人は、嫌々でも働いていますから。僕も勤めていた頃は月曜とか最悪な気持ちでした(汗)

逆にやりたい仕事が出来ている人がいるのも事実で、例えばプロのアスリートなどは幼少期から頑張って夢を目標に掲げて来たケースがほとんどです。

 

こういう話を聞くと、20~30代になってやりたい仕事がないと今後も見つからないと思いがち。僕も実際、子供の頃から夢はなかったです。一つも。

もう一生、退屈な思いで働くんだろうなと思っていたんですが、何とか35歳の今は好きな事を仕事にしてやりたい事が出来ています。

 

そう考えてみると、やりたい事を見つけるというは中々難しいんですね。というのも、やりたい仕事が見つからない原因には両親が関係しているからです。

親は関係ないと思う人ほど、参考に読んでみると納得して頂けるはず。

親がやりたい仕事をしていないと、子供もやりたい仕事が見つからない

やりたい仕事が見つからないのは親のせい」と僕は思っています。根拠もあって、世の中の大半の人はやりたい仕事が出来ていません。

就職して上からの命令を聞きながら、言われた通りの事をやるというのが仕事になっているからです。あなたのご両親も同じような感覚で働いていませんか?

 

そうなると、やりたい仕事云々の話にならないんですよ。毎日を必死に生きて行くだけのために働く。そんな姿を見ていると、子供ながらに働くことに夢を持つ事が難しくなるのも普通です。

別に嫌々に働いていない両親でも、仕事に対して軽くネガティブな考えを持ってる人は多いです。

  • 子供の前で「仕事が嫌だなー」と言う
  • 仕事より「休みの日」を楽しみにしている
  • これといった「目標」を持っていない
  • 教育に時間を割いていない

こういう親御さんの元にいると、子供としては将来やりたい仕事を見つける事に苦労します。僕がまさにそうだったので・・。

親のせいである根拠も添えて説明しますね。「親のせいにするな」という意見もありがちですが、子は親からの影響を受けて育つので。黙って聞いて下さい。

 

子供の前で「仕事が嫌だなー」と言う

ウチの親父は仕事を休む事こそないマジメな人間でしたが、「仕事が嫌」な人でした。マジメに毎日通い、病気になっても休まない。

そんな状態でも無理に頑張っていかねばいけない現実を、子供ながらに見て来たんですね。「うわぁ・・仕事ってそんなに嫌なのか」と子供心に残るものです。

 

僕が仕事に対して思っていた「お金が貰えて楽しそう」といったイメージは、中学に上がるころには失せていました。親が仕事を楽しまなければ、身近で見ている子は影響を受けます

実際、親御さんが仕事を楽しんでいる人の子供はなんとなくでも楽しいイメージが湧いてませんか?会社経営などをしている人の子供は、後継ぎを意識して頑張るというのもコレなんですよ。

すでに将来のやりたい仕事が、たとえ親の跡継ぎであろうと見据えられています。

 

親御さんも嫌々に会社を立ち上げるワケがないですからねw「大変かもしれないけど、自分で会社をやる楽しさを知っている」ので子供も触発されます。

別に経営してなくても、親が自分の仕事に対してやりがいを持って楽しんでいればいいんですけどね。与えられた仕事にやりがいを見出しにくいのは、立場的に仕方がない部分もあります

(参考記事:「仕事にやりがいは無いと大人は教えない」)

 

仕事より「休みの日」を楽しみにしている

また「仕事」と「休み」が横に並んだ時に、仕事を選ぶ親の元にいた方がやりたい仕事を見つけやすくなります。ちなみに僕の親父は休み重視でした(汗)

やりたくない仕事をやっているので仕方ないですが、そうなると「早く休むこと」が人生において最重要ポイントになる

 

子供が勉強嫌いで土日を楽しみにする感覚と同じです。別に休みを楽しみにするのはいいんですが、「仕事を取りたい時が全く無い」というのは子供にも影響します。

僕自身、20代の頃は仕事が休みを上回った事なんて一度も無いんですね。とにかく休みたいでしたから。(バイトですら頑張りたくないw)

 

今はやりたい仕事をしているので、休みよりも早く仕事がしたいと思っています。こういう姿勢が親から子に伝染するため、仕事に対する意識付けがどんどん進みます。

僕の家庭は「仕事より休み」に意識が傾いているわけですから、「やりたい仕事探し」なんて意識付けされないんですね。やる気が無い人のそばにいると、やる気が無くなるという話。

 

こういった家庭で育った子供は、大人になっても仕事を探す際に「休日はきっちり休める」とか「残業が少ない」とか。仕事の中身が考えにくくなる傾向があるんですよ。

僕も色々な人の相談に乗っていますが、総じてみんな同じような境遇で育ってるんですね。別に機能不全家族とかじゃなく、普通の一般家庭。仕事に向き合う親の姿勢が似ています。

 

これといった「目標」を持っていない

誤解しないで頂きたいのは、「休みが好きなこと」は別に良いんですね。そうじゃないと、「休みが好きな親の子供はやりたい仕事が見つからない」で終わりますから。

休みが好きな親でも、休日の使い方で子供の仕事意識は変わってきます。たとえば、親御さんが休みの日を「目標達成」のために使っていればどうでしょうか。

 

仕事としてはやりたい事ができていないかもしれない。だけど、休みの日になると野球の練習に打ち明け「草野球の大会優勝」を目指している。

こういうお父さんを見ていると、子供ながらに「目標を達成したければ頑張って練習が必要なんだ」と意識付けが行われます。

 

「やりたい仕事」というのは言うなれば目標達成。この目標が頭に浮かんだ時に、頑張ろうと自然に思えるような子供なら大人になってやりたい事がないとはなりません。

小さな事かもしれませんが、子供ながらにゲームを作る人になりたいと思ったとします。でも頑張るとか目標立てを知らない子は、「ゲームなんて難しいから作れない」と諦めるんです。

 

これ僕の話ですが、中2にして「ゲームを作るのは頭が良いエリートだから」と諦めていました。ゲームを作っている人には失礼ですが、これは成人して勉強してからでもなれる仕事です。

頑張れる子は、ここで本を読んで勉強したり調べるところからスタートを切っているんですよね。

 

「ゲームプログラマーなんて」という言い方は失礼ですが、作りたいなら頑張ってプログラミングを覚えないと始まらないんですから。

親が目標を掲げる習慣をみせ、子供も真似て実践するようになる」という流れが大事。親が目標を立てられないのに、その姿を間近で見て何を学習するのでしょうか

 

教育に時間を割いていない

最も大きいと思うのはここ。教育に時間を割かない(割けない)親が多いのも事実です。自分たちがやりたい仕事が出来ていないので、休みくらいはゆっくりしますよね。

もし休みの日にでも、教育に少し時間を割いていれば違う結果も多く生みます。ちなみに教育というのはここでは勉強の話ではありません。

 

「大人の世界を、子供に見せる」という勉強です。

 

やりたい仕事は、自分の中から急に生まれる物ではありません。ゲームプログラマーだって、ゲームで遊ぶのが好きじゃないとなりたいと思わないのと同じ。

ゲームをさせて実際に遊ばせる教育が必要です。「ゲームはバカになる」と遊ばせない親もいますが、これはやりたい仕事を一つ消す行為。最低ですよね。

 

教育として大人が働く場を見せるため、色んな場所に連れ出すことも大事です。水族館や遊園地だって遊びの要素もありつつ、働いている大人を直に見られる場所。

ディズニーなどに連れて行けば、そのアトラクションを作る人になりたいと思うかもしれません。大人社会を見せる教育は、時間こそ割かないといけませんが必要なことなんですよ。

 

こういう事を、幼いころからやっている家庭の子供なら「あの時の仕事が良さそうだった」とイメージも持ちやすいんです。このようにやりたい仕事に近づくという話。

振り返ってみて、親から与えられた仕事の情報量が少ない人は気づくはず。そうです、あなたが見つけられなくて悪いわけではない。親から与えられる「仕事教育が足りていないだけ」なんです。

 

いま「やりたい仕事がない」という人は、本心に向き合う必要がある

ここまで親が原因と書いてきましたが、できれば子供の頃から目標や夢を負う準備が出来るに越したことは無いという話でした。

そして親の影響も少なからずあったという事。でも今はもう大人ですから、ここからは自分で切り開きましょう

 

僕なんかは、30歳を過ぎてからやりたい仕事を目指すようになりました。(今はパソコンを使ってビジネスを展開する仕事をしています)

ここに来るまで、みなさんと同じで「やりたくない仕事」は普通にしていました。ついでに人生も諦めていました。やりたい仕事が無かったわけですから。

 

でもそういった日常の中でも

  • マイペースに仕事ができれば怒られずに済むのに
  • パソコンを使った業務ならやれそうなのに

こういったイメージは湧かせてきました。すぐに実行することが出来なかったのですが、そこには諦めもあったんですよ。

  • 鈍くさくて不器用な自分がマイペースでやれるわけが無い
  • パソコン作業はプロフェッショナルの仕事だ

こういう出来ない理由探しをしていました。そうでは無くて、「出来る方法」を考えるようにしていったんですね。

 

実際「やりたい仕事がない」という人も、本心では「やりたい仕事が無い・・というより、やりたい仕事はあるけど就ける気がしない」という思いがありませんか?

ここを掘ってみる必要があります。親からの影響で、勝手に諦めの習慣が身についている可能性があるわけですから。本心と向き合うとしんどいですが、少し考えてみて下さい。

 

そういえば・・恥ずかしくて人には言えないけど・・出来るならやりたい仕事があるぞ?」と思う仕事が1つくらいはあるはずです。

 

やりたい仕事は、実は周辺に転がっている

ここで仮に諦めていたやりたい仕事が見つかっているとします。何でもいいんですが、野球選手になりたかったとしましょう。

でも年齢的に成人しており、「やっぱり野球なんてできない」と思いまた諦めますよね。ドラフトとか関係ないですから・・(汗)

 

ただこれまでも話してきたように、「親の影響もあって仕事のことを知らなかったり諦めていただけかもしれない」と考えることが重要です。

もし今からでも、好きな野球選手に近い仕事がしたいと思えたらやりたい仕事も少し具現化してきます。

 

ここで浮かべて欲しいのは、やりたい仕事に近づくこと。ムリだと諦めない。

  • スポーツトレーナーとして選手をサポートする
  • 野球用品の売り込みや営業をする
  • 記者になって野球ニュースを担当する

 

野球選手が無理でも、こういった近い距離から野球に携われると思うと「やってみたい」と思いが浮かんでくるもの。もちろん、積み重ねないといけませんし頑張るところにはなりますが。

子供たちが夢見る「○○になりたい」という目立つ仕事じゃないかもしれませんが、その目立つ仕事の周辺にはいっぱい仕事があるんですね。

 

「絶対に野球選手になりたい」と諦めない40歳の人はいないですから、その周辺の仕事に意識を向けて行けばいい

こうやって「やりたい仕事」に近づく事で、結果的に仕事をゲットできるようになっています。何もしなければ、そのまま変わらない日常なだけなんですよ。

 

「やりたい仕事」を目指して出来ることから始める

僕の場合は、パソコンで仕事をすると決めてからは人に教わりに行ったり、専門学校で少し勉強をしました。後は独学でやっています。

一人で出来ることから始めると、段々出来る事に対する見識も変わるんですね。階段を上がるようなイメージで、やはり上に行くほど考えもやり方も変わりますから。

 

パソコンを触れなかった人が、タイピングできるようになったり、トラブルシューティングできるようになる感覚とも言えるでしょう。

僕はこういった一人で出来ることを重ねて、ようやく自営業という形で働けるようになりました。思い返せば、高校の頃にプログラマーを早々に諦めていたんですけどね(汗)

 

10数年の時を経て、結果的にプログラマーではないですがパソコンを使う仕事につけて嬉しいです。考えて欲しいのは、やりたい仕事は会社に入ってからでも出来るという事です。

一人で出来ることから始めるという意味では、転職して興味のある仕事を任せてもらうなんてのもアリです。もちろん、最初は100%やりたい仕事では埋まらないので

  • イラストが描きたい→本屋などに就職してポップを描く
  • サイトが作りたい→サイトの無い会社に就職してサイト作りを任せてもらう

 

こうやって、やりたい仕事と関係ないと思っていても、意外なところでくっついていることは良くあります。介護をやっていた頃、ふつうに先輩がホームページを作らされていたのを見て思いましたね。

いきなり「プロ」の中に入るのはムリでも、小さな会社に就職してそこで出来ることをやる。これによって経験を積んで、やりたい仕事に繋がる道に繋ぐことだって可能です。

 

やりたい仕事だからと言って、何も特別に会社を立ち上げる必要もありません。身の回りの小さな仕事で関与していき、徐々に出来ることを増やす。

上記で挙げた仕事も一例になりますが、興味や関心を持てる仕事には積極的に関わること。これによってスキルもアップして、どんどんやりたい事に近づけます。

 

今の職場が、全くやりたい仕事に関係が無い場合は転職などして環境を変えると良いですよ。親の影響は関係なく、ここから先はあなた自身で決めて行く事ですから。

-キャリア問題
-,

Copyright© 20代30代の転職相談にガチで答えてみた | 男性の就職支援 , 2020 All Rights Reserved.