労働コラム

「新卒3年以内に会社を辞めても問題なし」と断言できる理由3つ【時代は変わった】

投稿日:

ヤフー知恵袋より

質問の要約

新卒3年以内で会社を辞めた人は、後悔していないのか聞きたい

質問者さんの素性はわかりませんが、新卒3年で辞めようか悩んでいる方だと推測しています。「新卒カードを使って3年以内で辞めるとヤバいのでは」と悩みますよね。

しかし、僕の考えは「3年以内に辞めても大丈夫」です。なぜなら、3年以内に辞めることは、今の時代では普通だから

ひと昔前なら、「3年以内なら辞めるな」という声が多数派だったのですが・・。時代は、「3年以内で辞めてもいいんじゃない?」という風潮に変わってるんですね。

第二新卒や既卒をメインにした求人が出ていることなど理由に挙げられるからです。つまり、今は早期離職してもさほど苦労せず再就職ができるのです

そのため今回は

  • 新卒3年以内だけど辞めようか悩んでいる
  • 3年以内に辞めても後悔しない理由を教えて欲しい

こういった悩みへの回答を踏まえつつ、解説していきます。

なぜ新卒3年以内に会社を辞めても問題ないの?3つの理由

新卒で辞めたい人は、今すぐにでも辞めたいはず。そんな方が、仮に今日辞めても問題ない理由は下記3つになります。

  • 新卒3年以内の離職者は高まるばかり
  • 3年間を我慢することが正しいと言えない
  • 辞めてしまう人を異質な目で見なくなった

こんな感じですが、1つずつ解説してみます。

【厚生労働省による離職率データ】新卒3年以内の離職者は高まるばかり

もうかれこれですが、新卒3年以内で辞めていく若者が社会問題になっています。厚生労働省による離職率調査のデータは顕著で、約3人に1人の新卒者は辞めてますよね。

753現象と言って、中卒7割、高卒5割、大卒3割という辞めるデータがあるのですが・・。今は、大卒者が4割に迫ろうかというくらい辞めています。もうこうなると、半数は辞めるわけですよ

それくらい「みんな辞めてるから、会社を辞めているあなただけの問題じゃないよ」ってことを言いたいですね。みんな会社を辞めることを、重く考え過ぎなんですよ。

もちろん、暴論的に話していると僕自身も思うんですが。辞めようかな、辞めないでおこうかなと悩んでいる時点で、その会社に魅力がないのは質問者さんもわかってるはず

客観的なデータではありますが、一人だけが新卒3年以内に辞める苦しみを背負っている訳じゃないと知って下さい。(参考リンク 厚生労働省~学歴別卒業後3年以内離職率の推移~)

【若者の就労意識】3年間を我慢することが正しいと言えない

若者の就労意識も昔と今では違います。3年で辞めるか辞めないかで悩むのは、この就労意識が問題してるんですよね。根底に「3年は続ける」という意識をみんな持っています。

確かに昔から、「仕事が3年も続かないようでは・・」と言われてきたので仕方がないのですが。まあ、ぶっちゃけ昔の人は終身雇用制度があったので辞めちゃダメだったんですよ

「働き続けていれば、将来的な身の保証をしてくれる」というなら、メンタリティの部分で安心感が違いますよね。我慢が報われる環境とも言えます。

逆に、今の若者たちにはその保証がありません。僕の勤めた会社でも、2社は普通に在職中に経営不振で潰れてますし。「3年我慢して働いても、潰れたら意味ねえw」ですよ。

せいぜい、3年で辞めるデメリットがあったとして、仕事のノウハウが短期間では身につかないということくらい。(下記 仕事を3年続ける意味参照)

3年以上頑張って、その職場で得たいモノがあるかどうかは判断しましょう

「仕事は最低3年は続けろ」の本当の意味【上司も理解してない】

入社式のニュースが流れる春。何だか思った仕事と違うかもしれないけれど「最低でも3年は続けないと仕事はわからない」と言われますよね。 でも本当の意味すら考えず、真に受けて3年を耐え忍ぶ人がいるのも事実。 ...

続きを見る

【雇用側の変化】新卒3年以内で辞める人に偏見を持たなくなってきた

新卒で3年以内に辞めても大丈夫な理由に、3年以内の離職に偏見を持たない企業が増えていることが挙げられます。

ここを読んでいる方だと知っている人も多いはずですが、新卒就活に失敗した人を、再雇用する求人サービスは多く出てるんですね

ブラック企業に当たって辞めた人や、思っていた仕事と違って辞める人など、そういう心情を考慮して求人紹介するサービスが増えたとも言えます。

時代の流れとして、「新卒3年で辞めてもおかしくない」と思えるからこそ、提案できるサービスなんですよ。偏見がない企業や事業主が、このように理解を示す時代になっています

3年以内に辞める人を責めるのは、オッサンだけですよ【僕が感じる時代の変化】

本質的な話になりますが、時代の流れって何ごとにも起こりえるんですよね。新卒3年で辞めることに抵抗があるのは、今の時代だからとも言えます。

ですが、この3年で辞めても問題がないことは、お話して来た通り。時代は確実に新卒3年辞めも救済する方向に向かっています。そのはしりが既卒や第二新卒、フリーター向けの求人サイトです。

こういった現状を知らないまま「3年で辞めるとヤバい」とか言っているのは、時代に取り残されたオッサンです

実際、20代30代の方は転職のチャンスを肌で感じているはず。仕事が見つからなくて生活できないレベルにヤバい思いをしそうとは、正直なところ思わないはずです

だからこそ、「3年以内で辞める人は多いし、救済サイトも増えてるから大丈夫だ」と僕は言いたい。

 

ちなみに僕は最近、オクトパストラベラーというRPGゲームをやっています。ですがこれ、昔のRPGをやってた人は、クソ楽勝のゲームなんですね。

最近の傾向なのは分かるのですが、次はどこに行くかや、誰と話してイベントを進めるのかなど、ゲーム中でナビがあるのです。昔はこんなん・・一切なしでやってたんですよw

でも、こういう発想も僕がオッサン化してますよね。ゲームは、自分で次に行く場所を探したり、イベントを見つける物という旧時代のゲーム感をオッサンだから思っているんです。

今の若い世代の人は、そんなダラダラとゲーム1つに時間を割かないので、ナビをつけなきゃいけない時代です。無料でできるゲームも増えてるので、なおさらサクサク進めないと他に行きますからね。

こういった背景を受け入れられず、「昔のゲームは行く場所もわからないし、ナビもなかった」と言っても仕方ないでしょという話。生きている時代は、今なんですから。

「今」にどう対応するかが、就活でも同じく言えることですよ

【参考】新卒3年以内で辞めても再就職に強い求人サイト

新卒3年以内に辞めたところで問題ないのは、専門の求人サイトがあるからだとお伝えしました。

そのため、参考に「既卒・第二新卒の方」を支援する求人サイトをご紹介してみます。3年以内に辞めている程度なら、全く問題ないので検討されてみて下さい。20代向けになります。

第二新卒エージェントneo

  • 「担当者が実際に訪問した企業」の求人しか紹介しない
  • 社会保険なし、離職率が高い、若手育成の環境が無いところはお断り

運営元になるネオキャリアは、人材紹介の企業として第二新卒に限らず、仕事紹介をしている会社です。そのため、企業との繋がりは強く、厳選された求人しかない強みがあります。

社会保険がないところや、離職率の高いところなど、NG求人はそもそも出さないので安心できるのは強い味方と言えます

前提としてブラック企業を絶対に避けたいなら、まずは相談に行かれるといいですよ。

無料相談はこちらから⇒第二新卒エージェントneo

DYM就職

  • 書類選考なしで面接ができる
  • 幅広い業種から選べるため、選択肢を広げやすい

DYM就職は、応募したい企業があれば、書類選考なしで面接を受けることができます。新卒3年以内に辞めているだけで、企業に弾かれたくない人などは向いています。

業種も幅広く扱っているので、いっそのこと異業種に転職することを考えている人も使いやすいですよ。

企業も既卒者への理解姿勢があるところしか求人掲載していないので安心です。

無料相談はこちらから⇒DYM就職

ジェイック

  • ブラック企業を排除した求人サイト
  • 会社説明で自分の価値観と会う企業を教えてもらえる

ジェイックの社員さんが、実際に企業に出向いて確認して、安心して働ける環境づくりを目指しています。

過去にブラック企業などで働いた方などは、ジェイックの厳しい審査基準にクリアした企業から選べる安心感があります

労働への価値観を伝えて、相性のいいところを紹介してもらうといいですよ。

無料相談はこちらから⇒ジェイック

まとめ 新卒3年以内に辞めても問題ないのは、専門求人サイトがあるから

新卒3年以内の離職率が高まる今、必要以上に自分を追い込むのがいちばんの問題です。仮に新卒3年以内に辞めたとしても、すでにやり直せる環境は整っているんですね

昔は確かに、早期離職をした若者は、それなりに責められていました。しかし、現在は

  • 3年以内に辞めても専門求人サイトがある
  • むしろ早期離職した方が切り替えやすい

こういったメリットが目に付くようになります。ひと昔前の価値観で、仕事を一生続けるものと考えれば、制限されることになるのですが・・。

時代の流れとして見れば、むしろ新卒3年くらいなら辞めたところで問題にならないという話です。

若い間のチャンスと思えば、相談から始められてはいかがでしょうか。動くタイミングが早いほど、現状の不満を先送りせずに済むので頑張っていきましょう

-労働コラム

Copyright© 20代30代の転職相談にガチで答えてみた | 男性の就職支援 , 2020 All Rights Reserved.