人間関係の悩み

「どんな職場も人間関係がうまくいかない人」は共通点が3つある

投稿日:

職場の人間関係が上手くいかない人は、似たような共通点が3つあります。

「自分だけが人間関係を苦手にしている」と思ったら大間違い。対策はあるんですよ。

ヤフー知恵袋より

質問の要約

  • どの職場に行っても人間関係で悩む
  • 最初は大丈夫なのに途中からダメになる
  • どうやってこの状況を打破すればいいのか分からない

人間関係が上手くいかない人らしい悩みですよね。どこに行っても上手くやっていけず、最初だけよくて・・後からダメになる。これ、過去の僕と同じなんですw

「最初はいいのに気が付けば・・」みたいな展開は、人間関係が不得意な人にありがち。でも当たり前ですよ。最初はみんな探り探りなので上手くいって当たり前

 

いわば社交辞令的に関わっているので、いきなり人間関係でぶつかる訳がないんです。問題はその後ですね。ここを上手く対策して関係構築する必要があります。

でも上手くいかない人は、とある共通点を持っているから難しいと感じる。ここを直さないと結果的にどこに行っても同じようにストレスを溜め続けるだけ。実体験を元に改善案を話します。

ちなみに人間関係が悪すぎて改善の余地がない場合は例外ですw(関連:職場の人間関係は改善するな)

人間関係が上手くいかない人の3つの共通点

簡単というと語弊がありますが、人間関係なんてパターンに当てはめれば上手くいくように出来るんですね。ここを理解しているかどうかなので。

上手くやってる人を観察すれば分かりますが、以下の3つの物事をしっかりやっています。僕はやれてなかったけど、途中で気づいてやれるようになりました。

 

「面倒臭い仕事」に対して率先して動かない

「面倒くさい仕事」はどこの職場でもありますよね。雑務的な仕事に多いですが、下っ端の人がやるようなルールになっているケースが多いはず。

ただ、何でも下っ端に任せればいいという話でも無く。人手不足や仕事の進展度合いによっては、下っ端以外の人でもやらなければいけない事も多いです。

 

そんな時に、いつも面倒臭い仕事だけ避けている人っているんですよね。ちょっとは偉くなってやらないだけかもしれませんが、周りからの心象は良くありません。

手が空いているなら、面倒だなと思っても率先して動いておくと「ありがとう」と周りの人にありがたがられるんですよ

 

特に人間関係で悩みがちな人は、このありがとうを積み重ねておくべきです。僕はこれを疎かにして、結果的に人間関係がこじれることが多かったですね。

みんな働いていると分かりますよ。「あの仕事は何だかやりたくないな・・」という面倒臭さが。やらなかった回数をこまめに数えている人までいるくらいですからw

 

イメージだけでいいんです。

「あの人は、面倒臭い仕事も率先してやってくれる」と思われるだけで、人間関係の良好さに繋がりますよ。

 

職場で人気のあるテーマに無関心

僕はコミュ障っぽいところもあり、職場での交流をあまりしないタイプ。ただ人の集まりですから、最低限の関わりは必要なんですね。

もちろん、人間関係が上手くいかない人はコミュニケーションを取るのも苦手だったりするので嫌なのは分かります。会話で上手に話すとかしんどいですからね。

 

そこで押さえておくと良いのは、「職場内で人気のあるテーマ」です。これは、どの職場に行っても使えるので知っておくと便利です。

ちょっとした休憩時間などで、いつも何が話題に上がりやすいかを知る。スマホゲームやグルメ、新しくできている店の情報交換なんてベターでしょう。

 

別にがっつりコミットしなくていいので、周りが興味を持っている事に関心を持とうとするだけでいいんです。職場内の流行なので、大きく知らなくても大丈夫。

みんなグルメで美味しいパン屋の話題をしているなら、1つくらいパン屋の美味しい店をおすすめ出来た方がいいという具合に。

 

「この人も食べるのが好きなんだな」と思われるだけで共感されますからね。

僕はすごく割り切ったタイプで、職務以外の交流はどうでも良かったんですけどね。人同士が集まって働く以上、仕事以外に無関心であるという対応が今はマズかったと反省してますw

 

小さな悩み事を話す

人間関係が上手くいかない人は「自分の事を話す」という事が出来ていないケースも多いです。

例えば人間関係が上手くいっていない人ほど、周りに「あの人は何を考えてるかわからない」と思われてる事が多いんですね。女性なら不思議ちゃんみたいな。僕は天然と言われてきましたw

 

で、こうなってしまうのは「自分の事」を開示していないからなんですよ。何をしていても考えを話さないので、仕事の失敗をした時も「考えずにやってるからそうなる」と片付けられたり。

そうならないためにも、自分の考えていることはしっかり話した方が良いです。もちろん、考えを話すと言っても難しいのでここでは「小さな悩み事」をおすすめします。

 

小さな悩みなので、「最近は少しお金を使いすぎちゃって」とか「ダイエットしたいけど食べ過ぎない方法が知りたい」とか。こういうレベルでいいんです。

そうすると、周りも困っている人を助けたいという心理が働くのでアドバイスをくれるんですね。アドバイスをして相手が素直に受け取ってくれたら気持ちも良いですから。

 

小さな悩みなので、別に重たい事を考えていると思われる心配も無く。僕はこういう作戦を使い、関係構築をしていました。

 

人間関係が上手くいかない人は、「最初」が大事

今回挙げた3つの共通点は、思い当たる節のある人は改善できる見込みがあります。ピンと来ている分だけ、すぐにでも対策できるはず。

すでに入社して数年が経っていて、今さらキャラチェンジみたいで言い出しにくいケースなら転職した先でやるのもいいでしょう。

 

僕も出だしからやっていくのが一番便利だとは思っているので。入社直後ならどんな人かも周りには分かりませんし、仮に根暗でも明るく振る舞ったら明かる人になる高校デビューみたいな感じですね。

ちなみに僕と同じような人を見て来たんですが、今回挙げたような事がやっぱり出来ていないんですね。

 

そのため、独りよがりにならず周りにどう影響を及ぼすかを考えて行動すると良いですよ。人間関係って仕事におけるストレス№1の問題なので、ある意味仕事と同じくらい頑張りどころです。

-人間関係の悩み
-,

Copyright© 20代30代の転職相談にガチで答えてみた | 男性の就職支援 , 2020 All Rights Reserved.