業種別の話

男性なら営業職を経験すべき理由3つ【未経験者でも仕事内容がいい】

投稿日:

男性に生まれたら1度でいいので営業は経験した方が良いです。未経験者から始められる仕事で、しかも無数のスキルが獲得できる良い仕事なのでオススメです。

と言いつつも、営業の素晴らしさに気づくには時間がかかりました。男性の仕事に営業を経験すべき理由をまとめます。

ヤフー知恵袋より

質問の要約

  • 営業をするメリットを具体的に知りたい
  • 得られるスキルを教えて欲しい

おそらく、この質問者さんも過去の僕と同じ考えなんですね。お金を稼げることは知っているけど、他に得られる物が見えにくいという点で営業に疑問を持っている。

みなさんは営業職に対してどんなイメージを持たれていますか?人によってはいいイメージが無いかもしれません。ノルマがキツイとか、土日も仕事があるとか。

 

少なくとも僕はこういったイメージがありました。そのため、営業という世界からは距離を置いていたんですよ。しかし今になって「男性なら営業職は経験すべきだな」と考えています。

営業をやろうか迷う方に、具体的な仕事内容も含めて解説します。

営業の仕事とは「やればやっただけ稼げる仕事」

営業とはその名の通りですが、自社のサービスを営業して使ってもらう事がメインになります。このサービスは「物を売る」から「契約を取ってくる」まで色々あります。

給料も固定給はあるもののほとんど歩合制

営業成績が良い人ほど高給になるため、質問者さんの考えるような「お金を稼げる」という話は本当です。やればやっただけ成果になりますから。

 

分かりやすいところだと、自動車のディーラーなどもそうですよね。クルマという物を買ってもらうために営業する。売れたら取り分が増える。

契約だと生命保険など、自社の保険サービスを説明して納得してもらったら保険に入ってもらう。こういった契約スタイルも営業が取ることになります。

 

僕も自営業ですし、知り合いに営業マンがいますが、大きい枠組みとして「自分で売れば売った分だけ稼げる仕事」という認識でいると間違いはありません。

そのため夢はありますw「やればやっただけ稼げるなら頑張れる」という人は多いですからね。

 

営業を経験することで得られるメリット3つ

僕は固定給で毎月決まったお金が欲しいというだけで営業を避けていました。

今にして思えば、得られるノウハウやスキルというメリットを無視していた・・と後悔していますorz

特に男性で営業に興味がある方は、避けずに向き合ってみると得られるメリットは大きいです。

 

① 商品、サービスを提供するまでの作業過程はどこでも使える

商品やサービスを利用してもらうには、ただ顧客の元で説明をすればいいだけでは無いですよね。ここでは保険商品を例に出してみます。

  • わかりやすく商品説明をする必要がある
  • コミュニケーションを円滑に行う必要がある
  • 事務作業も含めて独自に行う仕事も多い

営業にはもともと商品は存在するものの、そこから売るまでの作業過程を一人で行う必要があるんですね。これが面倒に思う人もいるかもしれませんが、出来るようになれば立派な営業マン。

誰かと分担してサービスを提供する営業は無いので、自分で出来ることが増えるんですね。結果的に、転職して別の商品を売るときにも使えるノウハウとなります。

 

営業の基本は「自分で売る」なので、これは全く別のところに行くかもしれない時の保険なんですよ。

特に20~30代で経験しておけば、この先も無くならない仕事なのが営業ですから。男性は常に仕事をしているので、仕事が消えないというのは強みになるわけです。

 

② マイペースに時間を割り振って仕事ができる

営業をしている人は、自分で仕事時間を割り振れることも大きなポイント。ここらは自営業者と感覚が変わらなくなるところでもあるんですね。

僕も営業をしている知り合いと会ったりしますが、平日の真昼間で堂々とファミレスで会えたりします。彼らは仕事の時間もコントロールするのが当たり前。

 

顧客に会う時間以外は好きに調整できるので、ぶっちゃけ営業で外回りしていれば何をしているかもわかりません。予定があれば休めますし、無ければガンガン働けるという感じ。

こういう状況をネガティブに捉えると「営業マンは土日も仕事」と考えたりします。過去の僕もそうだったんですけどね(苦笑)確かに顧客と土日に会うとなると、面倒だなとは思います。

 

ただ好きなように時間を割り振り働けた方が、今自営業をやっているのもありますが働きやすいなと実感中。どうしても休みたい時や、予定があるときだけ気楽に抜けたいですからね~。

 

③ 独立したい時のノウハウに繋がる

また会社に在籍している形でも、営業マンは基本的に独立しているようなもの。サラリーマンという枠組みではありますが、自分が成果を挙げないとお金にならないですからね。

この視点で見ると、自分の力でどうにかしないといけないので独立した時のノウハウにも繋げられます。会社勤めしている分だけ、周りからノウハウもどんどん吸収可能。

 

僕は今自営業をしていて思うのは、こういった経験なしでやっているため困ることも多いという話。もし営業を経験していれば、人脈なども含めて助かったかもと思う場面があるんですよね。

一から学ぶのと、すでに学んでいるのでは差が違いすぎます。独自に学ぶスタイルも良いですが、いずれ一人で働けるようになるよう営業職をやっておいて損はないです。

 

会社内で立場が上になれば、人の使い方も学べるのでこういったメリットをくみ取れる人は挑戦しがいもある業種ですね。

 

特に男性は営業職をやっておくと後がラク

僕が学生時代、就活セミナーがあったんですね。その時に、今でも忘れませんが「男性は営業しかないですよ」と言ってる担当者さんがいたんですよ。

当時は「んなアホなw」と思いましたが、今になってみると確かに営業だよなーと理解しています。

 

仮に営業以外の仕事に行っても、結果的にやるべきことはこなさないといけません。仕事のやり方なども築き上げていく必要があります。

ただ営業職との違いは、役割分担で上から「○○はやらなくていい」とか言われる事があるんですね。そういう時に、「勉強する機会が奪われていた」という事実・・。

 

もし営業なら色々と経験しますし、むしろやらないといけません。特に自分で自分の売り上げを出すというのは、月給制の仕事をしていると感覚が育たないんですよ。

適当にやっていてもお金がもらえる環境といいますか。そうではなく「自分で稼ぐ」という感覚を持っておくことが、後々にどんな仕事をしても効いてきます。

 

不安定で会社がいつ潰れるか分からない時代。そんな時に、どこに行ってもノウハウが役立つ営業マンの仕事はメリットに溢れています。

ノルマがあるとか、人に頭を下げるのが大変といった悪いイメージしかない人は考え直してみる事をおすすめします。今回挙げたメリットが、結果的に役立つ話になりますから。

 

特に男性は、何かの拍子にじぶんで営業しなければいけない日が来るかもしれません。そう考えると、経験として営業職をやってみるのも1つの道。

ちなみに営業職なら、どういった形でもすぐ見つかります。それだけ世の中から営業の仕事は求められているという事ですよ。

-業種別の話
-,

Copyright© 20代30代の転職相談にガチで答えてみた | 男性の就職支援 , 2020 All Rights Reserved.