労働条件

就活で勤務地を希望するのは”ワガママ”ですか?

投稿日:2018年2月26日 更新日:

20代のペーペーだろうと、勤務地は希望した方がいいです。なぜなら、通勤時間も仕事だからです。

ヤフー知恵袋より

 

質問の要約

  • 就活支援の場で希望条件に「東京で働きたい」と伝えた
  • しかし勤務地を選ぶのはワガママだと言われてしまう
  • 「勤務地は重要」と思うも年配の方に言われて迷っている

 

質問者さんは「仕事を探す際に、勤務地を希望するのはワガママなのか?」という疑問を抱いています。20代の大学生なので、年配の方に言われると迷いますよね。

20代くらいだと、勤務地など細かい条件を言わずに会社の都合に合わせるべきといった考え方があるのも事実。50代くらいの方ならそう思っても不思議ではありません。

ですが、今の20代や30代くらいであれば「勤務地の希望はすべき」と断言しておきます。

通勤時間が長くなることによるメリットは一切ない

勤務地で悩む理由は、「通勤時間が長くなるか短くなるか」ですよね。質問者さんも、この先長い生活をしていくことになるので勤務地はすごく重要だと考えています。

引っ越せる人はいいですが、質問者さんのように住まいを変えるとなると大変。それを回避するには、「通勤時間が長くなること」を受け入れる必要があります。

 

ただし、通勤時間が長くなる事によるメリットは一切無いことを知るべき。むしろデメリットしかないと言っても過言ではないです。

「通勤時間は仕事をするための拘束時間」であることに変わりは無いので、出来る限り短く済ませられた方が良い。つまり、遠ければ遠いほど仕事時間が伸びるんデメリットがあります。

 

通勤時間はお金にならない

例えば片道1時間、往復2時間の通勤をしたとします。朝から1時間も移動していたら、若い人でも毎日になると精神的にはツラい・・。

塵も積もれば何とやら。毎日のように自分の時間が2時間も無くなっては、週5日勤務で10時間も失うと考えるべき。

 

これは電車であれバスであれ、マイカー運転であれ。通勤に時間をかけただけ失われて行く時間が確実に生まれます。その10時間は紛れも無いアナタの時間ですよ。

「通勤手当」などにも騙されないように。電車代やガソリン代など、移動手段にかかったお金がもらえるだけ。移動時間についてはお金が発生しないんです。

 

移動時間を有効活用できない

こういう話をすると、「移動時間を勉強に費やせばいい」と言う人も出てきます。しかし、移動時間で勉強するという考えその物が非効率的なんですね。

揺れる電車やバスでは集中力は低下しますし、下車するタイミングを気にしないといけません。人も混雑していたら、勉強どころではなくなります。

 

こうなると、勉強に費やすという考え方は恐ろしいくらい効果が薄まるんですよ。「時間を有効活用している気」にはなるかもしれませんが・・。

せいぜい、スマホでも見て時間を潰すことになりそうです。それでも疲れてしまうので、あまりオススメは出来ないですけどね。

 

「勤務地がすごく重要」と思えるならこだわるべき

以上の事から、質問者さんには次のアドバイスを送ります。

勤務地までの時間を意識して、ワガママと言われようとこだわって探すべき

 

男性は20代から変わらず仕事を続けて行くケースがほとんどです。継続するにせよ辞めるにせよ、なるべく仕事時間の拘束は受けない方が良いのは間違いありません。

特に質問者さんのように、働く前から「勤務地がすごく重要」と捉えているならこだわりぬくべき。20代くらいの若さだと周りが「勤務地を選んでる場合か」とか言われるんですけどねw

 

述べてきたように勤務地が遠くなると、仕事時間は伸びますし体力的にも消耗して良い事がありません。むしろ20代で勤務地にこだわれるマインドを大事にすべき。

「納得できる場所で就職」を掲げて就活できること自体が、ポジティブな姿勢で良いです。僕は何も考えずに遠いところに仕事に行っていたので、今となっては反省するばかりですよ(汗)

(関連:勤務地の希望理由はどう伝えるか)

-労働条件
-,

Copyright© 20代30代の転職相談にガチで答えてみた | 男性の就職支援 , 2020 All Rights Reserved.